(仮)の法則

のんびりとやっていくハヤテのごとく中心ブログ 何の法則かは気にしない方向で、 リンク・トラックバック大歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハヤテ小説版!!

ハヤテのごとくノベル版発売!
いや~こっちは地方だから当日は無いと思ってましたよ。

それでは考察と感想で~す

ネタバレ注意!
とりあえず感想としてまとめて一言で言うと
面白かった。

色々不満なところもありましたが。

まず見開き(っていうんですかね?)カラー。

ヒナとナギが戦うなんて滅多に見られませんから驚きました。
しかも肉弾戦で。

え?
ああ、ナギのパンツが見えているのはもう言うまでもありませんね(え

それでは本編へ。前半中心にいきます。

第1章
雪路がヒナに見捨てられとぼとぼ歩いていると不審者が。
・・・といっても超真面目な偽ナギなんですがね、
ありえません。
萌えません(え
生徒会三人組も気づいた模様、
・・・やはりいたるところにカメラはあるのか・・・

朝風さんからの連絡でハヤテ・ナギ・マリアさんが白凰へ。
その間に偽ナギは生徒会室へ行きます
やはりごまかせなかったみたいでヒナが見構え偽ナギはバルコニーから・・・

ってええ!?

・・・動画研究部に逃げ込んだようでした、なんだか嫌な予感が・・・
偽ナギは良心が温泉の効果で実体を持ったものだとか。
そして華麗なるヒナの攻撃を偽ナギはかわすがヒナが裏を欠いて投げ。

トドメ!パンツァーファウスト・・・

っておおい!?ハヤテ!?こりゃ洒落にならねえぞ!?

その後畑先生の書き下ろしコマ。
何のネタかはわかりませんが素晴らしい。

涙目のいいんちょ、呆然としたいいんちょ、コスプレしたいいんちょ、
ああ、至福。

しかし爆破。

ハヤテ、貴様!
と思った僕なのであった。
・・・これはギャグ的要因というのかな?

第2章
部室破壊のお詫びにハヤテが、メイドに。
すると花菱さんがハヤテの太ももを・・・
って花菱さん何してるんですか!?
な、なんかこの場面、花菱さんがエロくみえる・・・

ハヤテ貞操の危機に救いの女神、西沢さん登場。
もぐら叩きゲームでなんと98点・・・すごいですね。
しかしナギも負けずに裏人格解放。
同点ということでダブルデートに。

第3章
・・・ハーマイオニーに誰も深くツッコまないのは何でだろう。
後、ワタルと西沢さんにハヤテを共通の知人とさせたのはやっぱいけないでしょうね・・・
この小説は原作との平行世界ということでしょうか?
築地さんも逸脱してしまったと書いてありますし、
うーん。

結局シスターの思惑通りにはいかなかったものの結果オーライといったところでしょうか。

後ナギがワタルにワタルのやつはどっちにも気づいていない。鈍いにも程がある。」
という問いにハヤテが

「男の子なんて、そんなもんですよ」

おそらく読者の8割が「お前が言うな。」と思ったに違いない。

第4章
ヒナギク中心のお話ですね。
ここで2回目のマリアさんへの相談。
やっぱりマリアさんはヒナギクの友人というのがヒナギク自身だということに気づいていました。

西沢さんも登場。
そういえば西沢さん、此処ではかなり強くなってますね~特に精神的に。
西沢さんによると下田でのヒナギクが言いかけた言葉は迷いがなくなってからでいいと。

やっぱりここも原作に影響されるんですかね。
重要そうですから微妙なところです。

第5章
ナギが一人でお留守番していると偽ナギが復活。
本物と入れ替わろうとたくらみます。

ところで思ったんですが、この偽ナギって良心だけが実体化したものなのですかね?
この偽ナギはただ「冷静」で立派な「良心」を持ってるだけではありません。

ハヤテを疑うようなことを言ってますし・・・まあナギが一度もそう思ったことは無い、といえば嘘になりますが・・・

しかし自分がピンチになったとき来てくれない、西沢さんやヒナギクを優先するというのはナギの本心ではないはずです。
ここらへんは偽ナギの勝手な想像。
特に下田編のあとなんですからハヤテとナギの絆は十分確認したはずですから。

苦戦してるハヤテ達のところに伊澄さん登場。
結界を破ります。
そして突入。

まずヒナが偽ナギと話しますがやっぱり不自然ですね、偽ナギ。
それ以前にナギが偽ナギを捕まえられるわけがありませんし。

当然ヒナが疑問を持つくらいですからハヤテは当然気づきます。
何故ほっぺたを引っ張ったのだろう?
想像してみましたが可愛いだろうなあ・・・悶える(オイ

そして伊澄さんによって除霊。
あばよ偽ナギ、君は本物の魅力の半分もないよ・・・・

ということで終了。

この小説、僕はなかなか面白いと思いましたがおそらくネット上では意見は真っ二つになるでしょう。




さて明日はキャラソン発売。明日か明後日にできればそのレビュー書きたいなあ。

スポンサーサイト
  1. 2007/05/24(木) 23:44:46|
  2. ハヤテレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<アニメ第9話 | ホーム | 第128話「未来世紀秘倶楽部」>>

コメント

何様?
  1. URL |
  2. 2007/08/03(金) 08:23:59 |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karilaw.blog98.fc2.com/tb.php/22-4e3c77b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

権三朗(仮)

Author:権三朗(仮)
ハヤテのごとくを中心に
主に漫画の感想、時々他のレビュー、日記などを書くブログです。
不定期更新。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。