(仮)の法則

のんびりとやっていくハヤテのごとく中心ブログ 何の法則かは気にしない方向で、 リンク・トラックバック大歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第145話「Distance~近くても」

あ~遅すぎですね。
スミマセン、ホントスミマセン。テスト期間中ってか明日テストなので遅れました。
せっかく大事な回なのに・・・
ではいきます~


数十分前・・・咲夜親子が家族漫才をしてるとナギがどこかへ。
そして場面はハヤテと咲夜に。

ここで重要なことが2つありました。
1つ目

「二度目はないんですよ」
両親が心を入れ替えて戻ってきたら?という問いに対するハヤテの答え。
一度はおそらく何があったかは知りませんが両親が心を入れ替えた「フリ」をしたんでしょう。
ある意味ハヤテはすごいです、
小さい頃に親に裏切られたのなら人間不信になってもおかしくありません。精神は強い方なのかも。

2つ目
20071001203837.jpg


兄の行方を探したいということはハヤテは兄を慕っていたのかな?
今兄がいないということはこれは両親が1度心を入れ替えたという嘘をついたことに関係してるかも。
それと年が離れているということは義理の兄とか?
まだ情報が足りないのでこれくらいしかいえません。

その後ナギのところへ
20071001203858.jpg


姫神のことかな?
ナギは姫神のことを「姫神のバカ」とか言ってたので親しかったんでしょう。
それが突然いなくなれば悲しむのも当たり前。HIKIKOMORIになったのもそのせい?いやそれは元々か(え

マリアさんのことも話題にありました。
「いつかは結婚していなくなってしまう」と。

ハヤテ→マリアさんの関係(?)がナギにばれてしまうフラグと思ったのは僕だけ?

そんな主の悲しい言葉にハヤテは・・・
20071001203821.jpg


・・・そうか、そんなに君は氏にたいのか。

まあナギが元気になったので今回は許しますが
何を言っていいのか分からなくなると空気の読めない事をするのはやめたほうがいいぞ。

結局ヒナハムは来週へ。
ってか明日だ。
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/10/02(火) 20:54:16|
  2. ハヤテレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第146話「Distance~遠くても」 | ホーム | 第144話「時代劇でも桜吹雪を見れば人はたいてい素直になる」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karilaw.blog98.fc2.com/tb.php/55-96797df2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:権三朗(仮)
ハヤテのごとくを中心に
主に漫画の感想、時々他のレビュー、日記などを書くブログです。
不定期更新。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。